20代銀行員の未来サポート研究所

~未来の金融業界を知り、人間の心を知り、日本の可能性を知り、認識技術で始める第2の人生~

もし銀行内の人間関係が良好だったら?

f:id:norty:20170527234812j:plain

 

 

今回は、

 


「もしも職場の人間関係が

 

良い状態だったらどうなるのか」

 

 

 

という事について

 

妄想を膨らませてみようと思います。

 

 

 

 

 

 

◯◯銀行 △△支店

 

今月の目標金額

 

 

・融資◯億円

 

・預金◻︎億円

 

・カードローン△件

 

 

などなど、

 

銀行によって 支店によって違えど、

 

きっと様々な項目の目標があると思います。

 

 

 

 

今回の妄想には、それと合わせて

 

 

「自由な発言権」

 

 

があります。

 

 

 

 

例えば、上司に対して

 

「このノルマ高すぎない⁉︎」

 

「正直、プレッシャーを感じます」

 

「ぶっちゃけ支店長が怖いです」

 

「今月はノルマ達成できそうにありません」

 

 

 

などを言えるという意味の 発言権ですね。

 

 

 

 

水や空気は 滞らず流れてこそ

 

清らかなのと同じように、

 

 

人間関係に 躊躇、

 

遠慮、蟠りがない。

 

 

 

 

そして、

 

支店(チーム)としての目標に

 

みんなが集中しているので、

 

 

お客さんの取り合いになる事なんてなく、

 

誰にどんなアプローチするか


フラットに話し合い

 

 

 

それぞれの観点を生かしながら

 

アイディアが盛んに沸き起こり

 

 

 

誰(管理職か新入行員か)の発言にとらわれず

 

目標に向かっていく。

 

 

 

 

 

忍者が塀に登る時

 

複数人で協力するように、

 

 

 

一人で届かない塀の前に立ち尽くしたり、

 

無駄にピョンピョンしない (^^;;

 

 

 

 

そして、

 

失敗談や成功事例を共有して

 

次に生かせるよう、

 

 

個人の経験を

 

組織としてストックしていく。

 

 

 

みんな、それぞれの事情がある中で

 

ベストを尽くしたので、

 

 

誰が頑張った誰が頑張っていない

 

という判断をする概念がない。

 

 

 

…。

 

 

 

…。

 

 

 

 

と、ここまでいろいろ書きましたが、

 

 

人間関係に循環が生まれない事が

 

個人にとっても企業にとっても

 

いかに「コスト」なのか。

 

 

 

そのイメージも湧いてくるのでは

 

ないでしょうか?

 

 

 

「ノルマがあるから仕事が辛いのではなく、関係性・コミュニケーションが上手くいかないから辛い」

 

 

 

では、人間関係を良くするには

 

どうしたら良いのか…?

 

 

また、別の記事を書いていこうと思います^_^